UberPartnerJP’s blog

デリバリー配達員(個人事業主)向けに有益な情報を発信するブログ

MENU

【募集開始!】Door Dash(ドアダッシュ)のドライバーの仕事の詳細

f:id:UberPartnerJP:20210301022300p:plain
こんにちは、UberEats、menu、DiDiFood、出前館の紹介実績No.1のじぇいぴーです。

今回は、アメリカでNo.1のシェアを誇るドアダッシュのドライバーのお仕事をご紹介します。

 

コンテンツ

Door Dash(ドアダッシュ)とは?

Door Dash(ドアダッシュ) は、 4,000 以上の都市(米国、カナダ、オーストラリア、日本)でサービスを展開するデリバリーマッチング企業です。

Door Dash(ドアダッシュ) は、人々と可能性をつなぐことで、収入の向上、ネットワークの拡大、コミュニティの強化、幸せな暮らしの実現をサポートしています。

米国のフードデリバリーのマーケットリーダーであり、配達パートナーはダッシャーと呼ばれて親しまれています。

 

ダッシャー(配達パートナー)になるメリットは?

ダッシャーの魅力は、働き方を自分で決めることができ、いつ、どこで、どれだけ稼ぐかを自由に選べることです。

必要なのは配達手段とスマホだけです。とても簡単に始められます。

米国ではトップシェアを誇るため、サービスの質、資本等、Uber Eatsを上回っており、日本でもUber Eatsを超えるのは時間の問題といわれています。

どこでも自由にダッシュできる

ご自宅付近でも、訪問中の街でも、好きな場所で配達可能。

簡単に始められる

車検や車両制限については心配無用。登録するだけで、配達を始めるのに必要なものすべてを受け取ることができます。

すぐに配達リクエストを受信

承認され次第、Dasher アプリにログインすれば、あなたの現在地付近のオーダーをすぐに受け取ることができます。 

どれくらいの収入になるかが簡単に分かる

明白かつ分かりやすい支払いモデルにより、オーダーを受け入れる前に、どれくらいの収入になるかが把握できます。

ダッシャー(配達パートナー)になる条件は?

基本的には以下の通りです。

  1. 18 歳以上
  2. 国内で就労資格を持っている。
  3. 銀行口座を持っている。
  4. 以下のいずれかをお持ちの方。
  • 自転車
  • 原動機付自転車(125cc 以下)
  • 軽自動車または自動二輪車(125cc 超)

実務経験不要!
他のデリバリーサービス、配送サービスのドライバーの方もOK!

他のデリバリーサービスとの掛け持ちが可能なので、今後、Uber Eats出前館FoodPandaDiDiFood等との複数登録が標準的になるのではないでしょうか?

ダッシャー(配達パートナー)になる手順

f:id:UberPartnerJP:20210301005534p:plain

オリエンテーション時に必要となる書類

ご利用される車両ごとに必要となる書類が異なりますのでご注意下さい。

f:id:UberPartnerJP:20210301005802p:plain

オリエンテーション完了後はどうすればよいですか?

2021年春に日本でのサービスを開始いたします。

日本における開始日までの間、最新情報はメールで届けられます。

また、ダッシャーアプリ(配達パートナー専用アプリ)のダウンロードと銀行情報の追加に関するお願いもメールで届きます。

配達を開始する前に銀行情報をダッシャーアプリに登録することで、配達を開始して収入を得ることができるようになります。 

ダッシャーとして働くための装備はなにが必要?

オリエンテーションの際に、ウェルカムキットが提供されますので、ダッシャーとなるために用具などを購入する必要はありません。

オリエンテーションの欠席、予定変更はどうすればよいですか?

予定していたオリエンテーションを欠席した場合、またはオリエンテーションの予定を変更する必要がある場合は、登録ページにログインして日時変更をクリックしてください。

他に質問がある場合はどうすればよいですか?

dasherjapan@doordash.com 宛てにメールでお問い合わせすることが可能です。

問題が速やかに解決されるよう、ダッシャーアプリのアカウントに登録済みのメールアドレスからご連絡ください。 

ドアダッシュの評価システムはどうなっていますか?

ドアダッシュの報酬体系はどうなっていますか? 

ドアダッシュとの契約はどうなりますか?

UberEatsと違って透明性が高くていいですね!

ドアダッシュの無効化ポリシー

よろしくお願いいたします。

じぇいぴー

コメント欄はこの更に下にあります。